Research

進行中の研究プロジェクト
1「国境を越える人と食のグローバル化」

「料理人の国際移動は、食のグローバル化にどのように影響を与えているのか?」「メディアはどのようなフードスケイプを構築しているのか?」

レストラン業界で働く若者のケースから、上記の点を明らかにしようと調査しています。

社会学的には次の観点からエスノグラフィー調査を行っています。
1. トランスナショナルな人の移動とメディア
2. グローバルな産業界
3. 人種・エスニシティ、ネイション、ジェンダー

(2017年度 アサヒグループ学術振興財団学術研究助成)

 


 2「若者とSNS利用のエスノグラフィー」

ゼミの教育活動として、電通と産学協同研究ethno idea labを実施しています。若者のSNS利用と文化、流行、消費などについて調査をしています。

ゼミではエスノグラファーを育成するためのトレーニング・教育方法の考案・実践を行っています。

 


3「仕事と子育てをめぐる意識と交渉」

子育て世帯を対象にエスノグラフィー調査を行っています。仕事と育児の両立、家庭教育、食生活などについて、参与観察とインタビューを実施中

(東京大学大学院教育学研究科・額賀美紗子研究室との共同研究、発達保育実践政策学センター 2017~19年度 関連SEED研究プロジェクト「共働き家族における仕事と子育て」)。

毎日新聞経済プレミア連載「育児サバイバル」

 


過去の研究プロジェクト

 

「創造産業で働く人々のトランスナショナルな移動」

「どのように日本のファッション・デザイナーたちは、国境を越えて移動しているのか?」「ナショナルなアイデンティティをどのように交渉・再構築するのか?」

日本と海外を移動するファッション・デザイナーを事例にインタビューと参与観察を実施。

(2009-2012年度科研費 若手研究B)(2012-2015年度科研費 基盤研究C)研究成果『ファッションで社会学する』(2017年、有斐閣)他。

 


「文化移民」

「なぜ多くの若者たちが、アーティストとして「成功」するためにニューヨークやロンドンへ渡るようになったのか?」
「移住後、「日本人」としてのアイデンティティをどのように交渉するのか?」

芸術や大衆文化に関わる活動を目的に多数の若者がニューヨークとロンドン欧米都市に移動している現象に注目し、この若者たちを「文化移民(cultural migrants)」と名づけ、2003年から5年間に渡って3都市で参与観察とインタビューを行ないました。

この研究成果は、ロンドン大学に提出した博士論文(2006年)、著書『文化移民』(新曜社、2008年)、Cultural Migrants from Japan (Lexington Books, 2009年) や論文として発表しました。

 

フィールドワークの写真
上から、東京の調理場、ロンドンのアトリエ、NYのクラブ © Yuiko Fujita